介護は安全で機能性が高いユニフォームで~お年寄りもにこやかに~

機能性と安全性

老いる

介護のユニフォームを購入する場合、どこで購入すれば良いかわからないと考える人がいます。そんな場合には、ネット通販をご覧下さい。

お年寄りに労る気持ち。バリアフリーにリフォームする場合には利用者の目線で考えることが一番大切なので、気をつけましょう。

お年寄りや障害のある方を介助する介護の現場では、機能性と安全性が重視されたユニフォームが便利です。担当する利用者さんの状態によっては、ユニフォームについているファスナーや、ボタンなどが、思わぬ事故に繋がることもあり、出来るだけ表面が滑らかで、飾りのない服装が安心して着られます。しかしおしゃれなユニフォームでないと、介護の現場も楽しみがなくなりますね。今は介護者の気持ちも明るくする、きれいな色やデザインのユニフォームも豊富です。職場で決まったものがない場合は、自分の好みで、しかも洗濯をしても乾きやすく、丈夫なものを選んで、仕事の能率も上がるようなユニフォームを探してみましょう。担当の利用者さんも、明るい介護者にお世話されると安心できます。

お年寄りや障害のある方の中には、何度もお会いしていても、介護担当者の顔を覚えられない方もいらっしゃいます。そういう方たちに覚えていただくには、覚えていただけるまで、出来れば髪形や服装をあまり変えないというのもいい方法と言えます。見た目をわかりやすくして、外見で覚えていただき、その後親しくなって名前や顔をしっかり覚えていただいてから、服装に変化を持たせるのも良いでしょう。また、介護現場での実務に向いた服装と、ケアプラン作成の時などに、ご自宅に伺う時にふさわしい、安心感を与えるきちんとした服装と、ユニフォームを使い分けていくことも、利用者さんと向き合う時に必要なマナーでもあります。ユニフォームを味方につけて、介護の現場をより良いものにしていきましょう。

事務作業の円滑化

母と娘

多くの高齢者や障害者を預かっていくにあたって、入所に必要な経費についてしっかり把握していくことが重要になってきます。なお、これらをサポートしてくれる介護ソフトも増えているので、より高度な情報処理を進めることが出来ます。

Read more

段差を乗り越える

聴診器

車椅子に乗る上で障壁となるのが段差です。段差を車椅子で乗り越えることが困難で、多くの方の介助が必要となります。そのため、車椅子用電動昇降機を導入してバリアフリー化に務める施設が増えています。

Read more

動きやすい格好

老後

介護の仕事は、動くことを必要とします。ですから、ストレッチ性のあるユニフォームが必要とされます。特に動きやすい素材の、ジャージやポロシャツなど伸縮性がある素材が重視されています。最近では、オシャレ感のあるユニフォームも適用されています。

Read more