介護は安全で機能性が高いユニフォームで~お年寄りもにこやかに~

段差を乗り越える

聴診器

車いすの生活になった時、家や玄関など大少にかかわらず段差が障害になり介護なしの移動生活が困難になります。 段差の障害を解消するものに段差解消機があります。 日本では30年前に始めて段差解消機が登場しました。その後バリアフリーの概念とともに障害者や高齢者にやさしい生活に注目が集まりました。 今では様々な用途に合わせた段差解消機が生まれ、家庭や施設また公共施設などで屋内外で利用されています。 家庭の玄関ではスロープをつけるには長い距離と広さを必要とするため、そのスペースが確保不可能な場合は段差解消機がとても役に立ちます。 また、床下に段差解消機を埋め込むことでスムーズな車いすの移動とつまずきを防止できます。 障害者の自立を支えるため、これから段差解消機導入を考える学校や公共施設も増えると考えられます。

段差解消機は、車椅子を利用している方には最早無くてはならないものになりつつあります。 ごく小さな段差から、大きな落差のある段差まで、段差解消機が一台あるだけでカバーすることができ、車椅子に乗って移動できる範囲が飛躍的に広がります。 今は、駅や図書館などの公共施設や、病院や介護施設などの医療現場を中心に配備されていますが、今後は一般家庭でも段差解消機が普及していくことが予想されます。自分で歩くことが難しくなったお年寄りには、朗報と言ってよいでしょう。一般家庭への普及がすすむと、段差解消機の製造コストも下がるため、ますます求めやすくなります。 高齢化社会を迎える日本では、段差解消機は一家に一台という時代がやってくる日も遠くないでしょう。