介護は安全で機能性が高いユニフォームで~お年寄りもにこやかに~

動きやすい格好

老後

超高齢化社会に突入し、介護に携わる事業所も増えてきました。ユニフォームも事業所により様々で、最近では介護事業所のユニフォームを専門に扱う業者も出てきています。今回は、新たに事業所のユニフォームを検討しようと考えている方にいくつかアドバイスが出来ればと思います。 ユニフォームを選ぶ際に一番重視されるのは動きやすさです。その為、ジャージー素材やポロシャツ等のスポーティーなユニフォームが好まれています。しかし最近では、動きやすさだけでなく、見た目の印象も重視して選ぶ様になってきています。特に相談員やケアマネージャー等には安心感や信頼感を重視したデザインが選ばれています。この様に職種によりユニフォームを変えている事業所もあります。

近年では、ファッション性の高いユニフォームを取り入れ、従来の介護のイメージとは違ったオシャレな雰囲気を出している事業所もあります。 しかし、ユニフォームを選ぶ際は、自分たちの基準ではなく、利用者目線で選ぶ様に心がけましょう。特に高齢者の世代には崩した様な服装や肌を露出した服装は受け入れられない事が多くあります。 また、デザイン性だけでなく、機能性も重視すると良いでしょう。特に介護を実際に行なうケアワーカーのユニフォームは業務により汚れやすく、仕事もハードです。この為、通気性や速乾性に優れたものを導入する事で仕事がしやすくなるという効果もあるでしょう。 入浴現場で機械浴を使わない方法で入浴して頂く事業所も増えてきています。その様な入浴方法を行っていきたい場合、入浴用のユニフォームを別に導入すると良いでしょう。