介護は安全で機能性が高いユニフォームで~お年寄りもにこやかに~

事務作業の円滑化

母と娘

障害者に関する福祉制度の歴史を調べてみると、時代の経過とともに何度かの制度改正が行われていることがわかります。 障害者福祉に関するサービスも、高齢者に関するサービスと同様に入所サービスや在宅サービスなどがあり、就労支援なども行われています。 これらのサービスを提供する事業所では、制度が変更になるたびに制度の内容を理解し、新しい制度に沿った対応が常に求められます。 現在では従来の障害者自立支援法に変わり、新たに「障害者総合支援法」が制定されていますが、この制度に対応した介護ソフトを使用することで、アセスメントや計画書作成、モニタリングなどの情報や一連の流れを総合的に管理することができるようになり、事務作業の効率化などに役立ちます。

現在、障害者総合支援法に対応した介護ソフトはいくつかの会社から販売されていますが、介護ソフトにかかる費用はそれぞれに異なります。 介護ソフトの導入方法もパッケージ型やASP型などがあるので、事業所の用途に応じて慎重に選ぶことが大事になりますが、一般的にASP型よりもパッケージ型の方が初期費用がかかってしまいます。 初期費用に関しては事業所の規模が小さければ数万円程度で済む場合もありますが、大規模な事業所では百万円以上かかってしまうこともあります。 ASP型介護ソフトの場合はインターネットを利用した製品なので、初期費用はほとんどかからず、製品の多くは何日間かの無料体験版があり使い勝手を確認することができます。